一年前も、二年前も。
ずっと神様信じてたんだね!
卒業前の記事を読んだら、どうしたって時の流れを感じたよ。



もう、何か全部嘘みたいだなー終わるとかさ。
卒業なんていつも他の学年が泣いて、寂しがって、かわいそうにねー、さよならって行事だった
卒業式の最中にあくびしながら内職で手紙をかいてた
今年はその時間、一番前で、泣いてるのかな
まだ信じられない

でも確実に時計は回って明日を押し出してくるんだよな
時間は残酷だけど、誠実でもある
つらい事を忘れるのもホームシックを薄めるのも時間
きっと広島のあの場所で、学べることはもう無いんだよ
次は責任を大きくして、生きるんだ
大人みたいに

学校に早く帰りたい
そんで、たくさん泣くくらい、真剣に生きる2週間ちょっとにしたい
限界まで三育で学べる事を吸ってくるんだ
もう休んだって意味がない
体は元気に、精神は前向きに、本当に最後だから
真剣に生きよう
忘れない事を覚えておこう
なんでもない空気を
神様に守られた生活を
愛されてる環境を
一生の大事な友達を
やれるよ
今の希望はそれなんだから



そしてまた新しい学生になって。
留学はできなかったけど、2008年の私はどこにいたって信仰さえもってれば、神様につながってれば幸せだって言ってた。
あのころより全然協会には行かないけど、誰も肯定しない毎日のなかで、神様を探して生きています。

相棒がもう終わるとか、新しくオーズ見始めたアンちゃんかわいいとか、バイト探さないと死亡とかコス楽しみバレンタインも飲むぞ!とか・・・
一年前の私には想像もつかなかった毎日を過ごしてるよ。

まわりが気にならないくらい努力をする一年という目標は立てたけれども、これがどうでるかは自分の努力次第なんだよね。
理屈っぽくなってしまって、自分の想いも正直に打ち出せなくなってきた。
文章も稚拙で、記事を読み返して自分の気持ち思い出せることも難しくなってきた。
そんでも、自分と向き合うきっかけにはなるから、一生懸命綴っていこう。

お金もちに、なるんだぞ!
[PR]
# by larkyllodola | 2011-02-08 14:19 | いつも
どうしようもなく、生きたい
どうしてか、どうしようもなく。

もう学校に入って1年だよって、自分がどう言い訳したってそれは事実。
私、ちょっとは変わったのかな、
どうにかこの1週間をしのぐことに必死で、何か未来のためにはっきり動いた事、あっただろうか。

夢も目標もあるけれど、そのための一歩を踏めただろうか。


昨日の夜から、ずっと考えてた。
幸せのかたちについて。

ひとそれぞれなのは知ってるつもりだったのに、どうしても納得のいかない形を信じきること、私できないのかもしれない。

最近ね、家族の状況が反転してさ。

お父さんに愛想よくしようしようって生活したら、兄ちゃんが今度はぶちきれて。
なんで、みんな仲良くできないんだろう。
なんで、普通に生活できないんだろう。

私の思う幸せは、好きだよ、愛してるよ、を言っても言わなくてもわかる家庭に生きること。
そして否定じゃなく肯定で、お互いを大切にできること。

そんな未来を今から作りたいから、勉強して結果出してお金持ちになって妹と暮らす事。
偽善者だ非現実的だいわれても、神様の供えてくださった道を歩くだけ。

でもね、頑張ってるとか苦労してるって思い込んでるだけじゃないの、自分。
もっと苦しいこと、どうしてトモダチが切り抜けてる間、ぬくぬくと親の庇護下で苦労してるなんて言えるの?

もっと苦労しろ、っていうか、自分の状況を劣悪なものと考えすぎてるよ、恵まれてる、自分。

人の祝福になりたい、世の光になりたい。
もっともっと人を知りたいし、理解したいし、最善の方法で助けたい、愛したい。

輝かしい未来ばかり想像しているけど、この夢、どうやったら2年後に動き出せるんだろう。


どうか、神様を忘れる事がありませんように。

幸せを、信じることができますように。
[PR]
# by larkyllodola | 2010-11-23 13:52 | どーにも
しあわせって何だっけかー
いま、幸せよ。

なんかね、みんなで集まるの楽しいね。
最初はトモダチもそこそこでいいって、一人がスキって思ってた。
2回目の土曜の昼ごはん、一人で食べたんだよね。
明日は、DSもってって、きと凄くはやく終わる昼休み。

神様、供えてくださってほんとうにありがとうゴザイマス。
宝物は気付かなきゃ、自分のそとのまま。
拾い上げるきっかけは、神様があたえてくれるんだね。
[PR]
# by larkyllodola | 2010-10-08 22:12 | いーこと
what's your purpose of life today?
nothing is complently same as yesterday.
something you found today, it'd may change your whole life at last.

ちょっとずつでいいから、ひとに触れよう
恐がりながらでいいから、ほかを感じよう、受容しよう

わたしの夢は、ひとりで考えてひとりでかなえたいと思うかもしれないけれど、
決してそれはひとりじゃ実現しないんだよね。

ひとりじゃないから世界がある、
その世界に産みたい夢だから、なんでも自分の味方になるから。

信じるのは、自分だけじゃなくって。

悔しいも、悲しいも、妬ましいも、全部、ぜんぶ私の夢のパート。
何にも起こらない道の上で、私は成長なんか出来ないからさ。

負けない、じゃなくて、
勝ちたい、じゃなくて、

もう少し、自分を育ててあげようと。
[PR]
# by larkyllodola | 2010-10-01 18:56 | いつも
nothing can be my own
どうも、活字が好きだったということ。

感情とか気分を全部持っていかれるのが急に苦手になったのが高校生。
それから急激に本を読むことから離れた。

というより現実を見たくなくて、非現実に逃げたら帰ってくるときに辛かったから。
どうしても本から与えられた感動や気持ちの変化を、異物としてみてしまいはじめた。

あのころは、学校で見つける自分の汚さに気付いて、ほんと誰かを嫌いたくて。
もちろん嫌いなこは居たけど、それ以上に自分の汚さが大嫌いだった。

なんど立ち止まって考えて学校を休んで寮の布団の中にいても、答えは見つからなくて。
眠れなくて学校を休んだ日、トモダチに借りた恩田陸を読んだら、世界観に持っていかれた。

みじめに終わる命、したたかに生き延びる命、交錯するそれぞれの生きる目的。
ほんとうによく出来た、こころに直接ぶつかってくる話ばっかりだったから。

それでも、どうして自分がこんなにも汚くてどうしようもない人間なのかは分からずじまい。
ページの中に存在する人物が、自分の中で生きている、そう感じると、もう、どうしようもなく自分の存在が薄っぺらく思えてきた。
もし、私を主人公に小説を書いたら、笑えないくらいに、超つまんないだろうな。

自分探し、なんていうけど、ただの鬱。
へばって倒れたら、泣きながら転がって祈ってた。

立ち上がりたくて、どうにか現状打破したくて、もっと自分に意味を見つけたくて。


そのまま卒業して、フリーターして、留学して、帰ってきて、入学した。

私は、何か変わっただろうか。
多分、自分で何でも学ばなきゃ、と思ってバイトしてたあのころ、私は目的のために生きていて、自分自身に価値を見出そうとしてた。

今日働いたこと、今日出合ったお客さん、そこから何をプラスにできるのかって。
どうしたら、日常のきらきらを拾えるだろうかって。

そんで今、未来のために今の時間を使ってる。

学校、楽しいよ。

だから、もう少し、自分を大事にできるようになりたい。
確かに学ばなきゃいけないし、成長もしなきゃいけない。

けど、それ以上に、私は私として神様に愛されて、その御心に叶うように道を示されてる。

諦めなかった夢は、神様のその、証し。


幸せになりたいね、幸せにしたいね。
もっとじゃなくて、もう少し。

感動から、逃げない大人になれ。
人の夢を笑うような、そんなクソヤローになんかなるな。

振り向くな、後ろの昨日には、夢がない。
[PR]
# by larkyllodola | 2010-09-24 21:54 | アーティスタ